活動紹介

行政と

実績

新しい公共事業

「新しい公共」とは、従来は官(=政府、行政)が担ってきた領域を、本来の「公(おおやけ)」に開いたり、官だけでは解決できなかった課題を官民協働で担っていこうとする考え方のことです。新しい公共を進める支援事業を通して、市民・NPO・企業等が公的な財源やサービスの提供に関わり、「官が決める社会」から「国民が決める社会」への改革を進めます。

詳しい情報はこちら

その他の実績
  • 協業事業を企画「NPO等と行政の交流セミナー」他
  • 受託事業「奈良まほろばふるさと雇用再生特別対策事業」
  • 各種委員会や連絡協議会へ委員を派遣、提言活動など