FX会社のおすすめはここ!徹底比較したランキングはコレだッ

FXに興味はあるけどどこの口座を利用したら良いか分からない、お得なFX口座があれば知りたい、そんな悩みを持っている方は少なくないでしょう。

ここでは、FX口座について悩んでいる方に向けてFX口座のランキングを紹介します。

スプレッドやスワップ、通貨ペア数など基本的な情報から、どのようなメリットがあるのかなどFX会社の特徴についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

【第1位】DMM FX!最短1時間で取引スタート!

取引通貨単位 10,000通貨
スプレッド 米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭、ポンド/円1.0銭
スワップ 米ドル/円(買い)6円(売り)-9円
ユーロ/円(買い)-16円(売り)13円
ポンド/円(買い)8円(売り)-11円
通貨ペア数 21ペア
キャンペーン 取引応援ポイントサービス
口座開設数80万口座を突破した大手FX会社であるDMM.com証券。そのFX口座がDMM FXです。

DMM FXでは、DMM 株口座で保有している現物株式を担保にFX取引ができるDMM FX株券担保サービスを行っており、資金効率を高めた取引ができます。

株とFX、どちらのメリットも受けられるので、FX取引だけでなく株式取引を考えている方にオススメです。

現金に交換できるポイントが貯まる!

DMM FXでは、取引実績に応じてポイントランクが設定される取引応援ポイントサービスを行っています。このサービスには3つのポイントランクがあり、ランクに応じてポイントの付与が変動する仕組みです。

ポイントランクを決める取引実績は次の通りです。

ポイントランク 取引実績
ゴールドランク 直近3か月の新規取引実績が
月間200回以上のお客様
シルバーランク 前月の新規取引回数が200回以上
もしくは前月までの3か月間連続で
新規取引回数10回以上のお客様
ブロンズランク ゴールドランク、シルバーランクに
属さないお客様

ポイントランクがゴールドになると最大3倍のポイント付与となり、貯まったポイントは1,000ポイントから現金化することができるのです。

取引ツールが充実!初心者から上級者まで使いやすい!

初心者から上級者まで好評の、無料で利用できる充実の取引ツールを様々取り揃えています。

スマホ版ツールにはスマホアプリであるDMM FX、アプリのインストール不要で利用できるDMM FX for smart phoneがあります。

また、PC版ツールはインストール不要で簡単にアクセスできる4つのツールを用意。豊富なテクニカルツールがある、取引結果をグラフ化する、豊富な機能がある、一画面に必要な情報を集約したといった特徴があります。

手数料が無料!スプレッドが小さい

DMM FXでは、各種手数料が無料となっています。

  • 出金手数料
  • 口座維持手数料
  • クイック入金手数料
  • ロストカット手数料
  • 口座開設手数料

また、スプレッドが小さく原則固定となっているので、取引にかかるコストも抑えられます。

サポートが充実!

DMM FXのサポートは24時間体制となっており、電話やメールで問い合わせに対応しています。

また、FX業界初となるLINE問い合わせにも対応。口座開設から取引方法まで気軽に問い合わせができます。

【第2位】GMOクリック証券!FX取引高で世界1位を達成!

取引通貨単位 10,000通貨
スプレッド 米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭、ポンド/円1.0銭
スワップ 米ドル/円(買い)4円(売り)-7円
ユーロ/円(買い)-17円(売り)14円
ポンド/円(買い)4円(売り)-7円
通貨ペア数 20ペア
キャンペーン 新規口座開設と取引で最大30万円キャッシュバック

GMOクリック証券は2020年1月~12月のFX取引高が世界第1位となっており、国内FX会社の中でも人気の高い口座であり、多くの人に選ばれている安心感もあります。

スマホ、パソコンで使用できる高性能な取引ツールがすべて無料で利用可能となっていて、ライフスタイルに合ったツールを選択・利用できます。

サポート体制も充実しており、メールやフリーダイヤルで24時間問い合わせができるようになっています。

スプレッドが他社と比較して狭い

GMOクリック証券のスプレッドは業界最狭水準となっており、他社と比較してもお得になっています。スプレッドが狭いためコストを抑えた取引が可能で、多くの人に選ばれている理由の1つとなっています。

スワップポイントがトップクラスに高い

GMOクリック証券はスプレッドが狭いだけでなく、スワップポイントも高水準となっています。高金利通貨ペアである南アフリカランド/円(89円/日)やメキシコペソ/円(49円/日)の取り扱いもあり、スワップポイント狙いでの取引も可能です。

また、GMOクリック証券では保有ポジションを決済しなてくもスワップポイントのみを出金・受け取ることが出来ます。

特典がお得!

GMOクリック証券は初めてのFX口座開設と取引額に応じて最大で30万円のキャッシュバックが受けられる特典があります。

取引額に応じて受けられるキャッシュバック額は、以下の通りです。

取引額 キャッシュバック
500万~1,000万通貨未満 5,000円
1,000万~2,000万通貨未満 1万円
2,000万~5,000万通貨未満 2万円
5,000万~20,000万通貨未満 5万円
20,000万~30,000万通貨未満 10万円
30,000万~40,000万通貨未満 15万円
40,000万~50,000万通貨未満 20万円
50,000万通貨以上 30万円

キャッシュバックはFX取引口座を開設した月の3か月後の中旬に、取引口座に入金する形で行われます。

取引額のカウントは口座開設月の翌々月末最終営業日までとなりますので、キャンペーンを利用する方は気を付けておきましょう。

信託保全先が4銀行で安全性が高い

預けている証拠金を信託口座で管理する信託保全管理は、万が一GMOクリック証券が破綻したときでも資産を守ることが出来る制度です。

GMOクリック証券では、信託保全先が「三井住友銀行」「みずほ信託銀行」、「三井住友信託銀行」、「日証金信託銀行」の4行となっており、確実に資産を守ります。

【第3位】LINE FX!スマホでトレードしやすい

取引通貨単位 1,000通貨
スプレッド 米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭、ポンド/円1.0銭
スワップ 米ドル/円(買い)4円(売り)-7円
ユーロ/円(買い)-17円(売り)14円
ポンド/円(買い)7円(売り)-13円
通貨ペア数 23ペア
キャンペーン 口座開設と取引量に応じて最大5万円キャッシュバック

LINE FXはLINEと連動しており、LINEから直接LINE FXアプリに移動して取引を行うことができます。スマートフォン向けツールではLINE FX取引専用アプリもあり、豊富な注文方法にも対応しています。

また、PC版ツールでは使いやすさにこだわり、レイアウトが自由に変更可能。必要な情報が1画面にまとめられており、快適でスピーディーな取引が可能です。

「1,000通貨」(5,000円ほど)から取引が可能!

LINE FXでは、最低取引単価が1,000通貨単位となっています。FX初心者やリスクを抑えたい方も安心して取引できるのです。

必要となる資金について、通貨ペアごとに見てみましょう。

通貨ペア 最低必要証拠金
米ドル/円 約4,100円
ユーロ/円 約5,000円
南アフリカランド/円 約280円
トルコリラ/円 約560円

必要となる最低証拠金は為替レートによって異なりますが、5,000円程度あればFX取引が始められるでしょう。

情報のLINE通知機能

LINEと連携しているLINE FXならではのサービスとして、LINE 通知機能があります。

こちらでは、次のような情報をLINE通知で受け取ることが出来ます。

  • 経済指標
  • 相場の急変動(個別設定可能)
  • お得なキャンペーン情報
  • 約定通知
  • 指定レート通知
  • ロスカット、プレアラート通知
  • 入出金完了通知

LINEでの通知なので、必要な情報を逃しません。

スプレッドは狭く特別キャンペーンもやっている

LIN FXは業界最狭水準のスプレッドとなっており、AM9:00~翌日AM3:00までは原則固定となっています。

また、対象の通貨ペアは通常よりもお得なスプレッドで取引ができるスプレッドキャンペーンも行っています。

例として、2021年7月7日~9月30日まで行われていたキャンペーンをご紹介します。

通貨ペア 通常スプレッド キャンペーンスプレッド
ユーロ/円 0.5銭 0.3銭
ポンド/円 1.0銭 0.5銭
豪ドル/円 0.7銭 0.3銭
ユーロ/米ドル 0.4pips 0.3pips
ポンド/米ドル 1.0pips 0.6pips
豪ドル/米ドル 0.9pips 0.4pips

スプレッド縮小キャンペーンは対象通貨、期間が限られているので、忘れずにチェックしておきたいですね。

会社破綻時も個人資産は失われない

LINE証券は三井住友銀行と管理信託契約を結んでおり、預けている証拠金を信託口座で管理しています。

LINE証券破綻時には三井住友銀行から資産の返還が行われるため、万が一の時も個人資産は失われません。

【第4位】松井証券(MATSUI FX)!安心してトレードしたい人におすすめ

取引通貨単位 1通貨
スプレッド 米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭、ポンド/円1.1銭
スワップ 米ドル/円(買い)0円(売り)-40円
ユーロ/円(買い)-39円(売り)9円
ポンド/円(買い)0円(売り)-30円
通貨ペア数 20ペア
キャンペーン ユーロ/円・豪ドル/円・ポンド/円取引で
キャッシュバックキャンペーン
※キャッシュバック金額上限なし

100円から取引ができる松井証券(MATSUI FX)。FXだけでなく株式や投資信託など多くの金融商品を取り扱う総合ネット証券だからこそのノウハウを生かし、高機能な取引ツールを実現しています。

他にも、アプリですべての取引が可能、取引手数料は無料など様々なメリットがあります。

「1通貨単位」(100円~)から取引できる!

松井証券(MATSUI FX)最大の特徴は、1通貨単位から取引ができるという点でしょう。

一般的に、FX取引は最低取引単位が1,000通貨もしくは10,000通貨単位となっています。

しかし、松井証券(MATSUI FX)では1通貨単位から取引できるので、100円からでもFXが始められるのです。

初心者や資産が多く用意できない方でも、安心して始めることが出来ます。

レバレッジが選択できる

松井証券(MATSUI FX)では、レバレッジを1倍、5倍、10倍、25倍の4つから選択できます。

FXでは、レバレッジを掛けることで少ない資金でも高い金額の取引が可能となりますが、レバレッジを掛けるとリスクも高くなるのも事実です。

多少のリスクがあっても多くの利益を狙うのか、リスクを抑えた取引を希望するのか、自分の投資スタイルに合わせてコースを選択したいですね。

手厚いサポート体制

松井証券(MATSUI FX)は夜間もコールセンターによるお客様サポートを受けられます。

対応時間は7:00~23:00となっているので、仕事が終わった後や夜間の取引で不安や疑問を感じた際でも問い合わせが可能です。

【第5位】外為オンライン!これからFXを学びたい人におすすめ

取引通貨単位 1,000通貨
スプレッド 米ドル/円0.9銭、ユーロ/円1.9銭、ポンド/円3.4銭
スワップ 米ドル/円(買い)0円(売り)-40円
ユーロ/円(買い)-45円(売り)0円
ポンド/円(買い)0円(売り)-45円
通貨ペア数 26ペア
キャンペーン 新規口座開設で最大15万円キャッシュバック

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれている外為オンライン。各種ツールの使いやすさはもちろん、本番と同じシステムを無料で体験できるデモ口座があるなど、多くの特徴があります。

平日は毎日更新されるアナリストレポートや著名アナリストによる外国為替取引についての情報など、充実した情報も魅力です。

自動売買システムを利用できる

外為オンラインでは、自動売買システムであるiサイクル2取引が利用できます。

自分の資金や好みに応じた設定をするだけで、自動的に注文を繰り返してくれるのです。

設定した変動幅が相場に追従しながら自動発注を繰り返してくれるため、変動幅が予想と外れたとしても按針です。

デモ口座でも、iサイクル2取引を試すことができます。

また、新機能である「トレンド」を使えば、システムが上昇トレンド・下降トレンドを見極めてトレンドに合わせて自動で売り・買いを判断し取引を行えます。

業界随一の情報量!FXが学べる

外為オンラインでは、初心者から中上級者まで学べる無料セミナーが充実しています。

  • はじめてのFXセミナー
  • FX取引入門セミナー
  • FX投資戦略セミナー
  • iサイクル2取引セミナー
  • アナリスト佐藤の中上級者向けFXセミナー
  • 全国FXセミナー
  • くりっく365FXセミナー

また、過去のセミナーはYouTubeで配信しており、こちらも無料で視聴可能です。

会員限定にはなりますが、zoomを使って対面でのサポートも行っています。直接操作方法や注文の出し方、テクニカルチャートの見方を教えてもらえます。

更に、スマートフォンアプリやツイッター、フェイスブックなどSNSから情報を得られる無料のサービスも行っていて、情報コンテンツが充実しているのが特徴です。

取引システムが使いやすい

誰でも使いやすい、親しみやすい取り引きシステムとなっているので、FX初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応します。

シンプルで分かりやすく画面の操作に迷わないだけでなく、画面を自由にカスタマイズすることも可能です。

【スプレッドを比較】選ぶならこの会社

FX取引でかかる手数料・コストには、口座管理手数料や取引手数料、ロストカット手数料などがありますが、これらの手数料は多くのFX会社で無料となっていることが多くなっています。

では、どこでコストに差が出るのか。それが、買値と売値の差であるスプレッドです。

スプレッドが0.2銭で1,000通貨の取引をする場合、0.2銭×1,000通貨=2円がコストとなります。

つまり、スプレッドが狭いFX会社を選ぶ事がコストを抑えて取引をすることに繋がるのです。

ここでは、ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円の通貨ペアに対する各FX会社のスプレッドを紹介します。

会社名 ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円
GMOクリック証券 0.2銭 0.5銭 1.0銭
DMM FX
(DMM.com証券)
0.2銭 0.5銭 1.0銭
LINE FX 0.2銭 0.5銭 1.0銭
松井証券
(MATSUI FX)
0.2銭 0.5銭 1.1銭
外為オンライン 0.9銭 1.9銭 3.4銭
みんなのFX
(トレイダーズ証券)
0.2銭 0.4銭 0.8銭
インヴァスト証券 0.3銭 0.5銭 1.0銭
LIGHT FX
(トレイダーズ証券)
0.2銭 0.4銭 0.9銭
HIROSE-FX 0.2銭 0.4~0.7銭 1.0銭
みんなのシストレ
(トレイダーズ証券)
非公開 非公開 非公開
FXプライムbyGMO 0.3銭 0.6銭 1.1銭
FXブロードネット 0.2銭 0.5銭 1.0銭
SBI FXトレード
(1~1,000通貨)
0.09銭 0.30銭 0.69銭
マネーパートナーズ 0.0銭~0.2銭 0.3銭~0.4銭 0.5銭~0.7銭
セントラル短資FX 0.1銭 0.4銭 0.8銭
マネースクエア 非公開 非公開 非公開
ひまわり証券 1銭 3銭 5銭
JFX
(MATRIX TRADER)
0.2銭 0.4銭~0.7銭 1.0銭

スプレッドに注目すると、一番オススメなのはSBI FXトレードです。

SBI FXトレードは1,000通貨までの取引の場合、スプレッドが最低0.09銭からと他のFX会社と比較しても低いものになっています。

スプレッド提示率も100%ですから、少額取引を希望している方はSBI FXトレードを検討してみましょう。

【スワップポイントを比較】この会社がおすすめ!

FX口座を選ぶ際には、スワップポイントも要チェックです。

スワップポイントとは

通貨ペアの金利差。低金利の通貨を売って高金利の通貨を買えば、金利差分を利益として受け取ることが出来る。

スワップポイントは保有しているだけで毎日発生するものです。スワップ狙いでの取引をするユーザーもいますので、スワップポイントが高いFX口座を選ぶことがいかに重要になるかが分かります。

各社のスワップポイントについて見てみましょう。

主要通貨

主要通貨のスワップポイントです。

会社名 ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円
GMOクリック証券 買い:4
売り:-7
買い:-17
売り:14
買い:4
売り:-7
DMM FX
(DMM.com証券)
買い:6
売り:-9
買い:-16
売り:13
買い:8
売り:-11
LINE FX 買い:4
売り:-7
買い:-17
売り:14
買い:7
売り:-13
松井証券
(MATSUI FX)
買い:0
売り:-40
買い:-39
売り:9
買い:0
売り:-30
外為オンライン 買い:0
売り:-40
買い:-45
売り:0
買い:0
売り:-45
みんなのFX
(トレイダーズ証券)
買い:20
売り:-23
買い:-7
売り:5
買い:4
売り:-7
インヴァスト証券 買い:9
売り:-33
買い:-28
売り:5
買い:6
売り:-32
LIGHT FX
(トレイダーズ証券)
買い:20
売り:-23
買い:-7
売り:5
買い:4
売り:-7
HIROSE-FX 買い:0.2
売り:-8.3
買い:-6
売り:0
買い:0.1
売り:-9
みんなのシストレ
(トレイダーズ証券)
ストラテジーの
取引損益に含まれる
ストラテジーの
取引損益に含まれる
ストラテジーの
取引損益に含まれる
FXプライムbyGMO 買い:3
売り:-18
買い:-23
売り:8
買い:5
売り:-20
FXブロードネット 買い:3
売り:-36
買い:-31
売り:2
買い:1
売り:-41
SBI FXトレード 買い:7
売り:-11
買い:-17
売り:12
買い:6
売り:-11
マネーパートナーズ 買い:1
売り:-88
買い:-86
売り:2
買い:1
売り:-91
セントラル短資FX 買い:3
売り:-86
買い:-10
売り:-20
買い:9
売り:-29
マネースクエア 買い:1
売り:-99
買い:-63
売り:0
買い:0
売り:-26
ひまわり証券 買い:0
売り:-40
買い:-45
売り:0
買い:0
売り:-45
JFX
(MATRIX TRADER)
買い:0.2
売り:-8.3
買い:-6
売り:0
買い:0.1
売り:-9

高金利通貨

高金利通貨のスワップポイントです。

会社名 トルコリラ/円 南アフリカ/円 メキシコペソ/円
GMOクリック証券 買い:41
売り:-44
買い:100
売り:-130
買い:70
売り:-100
DMM FX
(DMM.com証券)
買い:-
売り:-
買い:8
売り:-11
買い:5
売り:-8
LINE FX 買い:41
売り:-44
買い:10
売り:-13
買い:10
売り:-17
松井証券
(MATSUI FX)
買い:50
売り:-60
買い:7
売り:-17
買い:5
売り:-15
外為オンライン 買い:45
売り:-60
買い:5
売り:-30
買い:5
売り:-15
みんなのFX
(トレイダーズ証券)
買い:45
売り:-45
買い:8.1
売り:-8.1
買い:6.1
売り:-6.1
インヴァスト証券 買い:50
売り:-72
買い:9
売り:-19
買い:-
売り:-
LIGHT FX
(トレイダーズ証券)
買い:45
売り:-45
買い:10.1
売り:-10.1
買い:8.1
売り:-8.1
HIROSE-FX 買い:4
売り:-7
買い:0.8
売り:-2
買い:8
売り:-13
みんなのシストレ
(トレイダーズ証券)
ストラテジーの
取引損益に含まれる
ストラテジーの
取引損益に含まれる
ストラテジーの
取引損益に含まれる
FXプライムbyGMO 買い:42
売り:-52
買い:8
売り:-11
買い:7
売り:-10
FXブロードネット 買い:-
売り:-
買い:60
売り:-310
買い:-
売り:-
SBI FXトレード 買い:41
売り:-51
買い:7
売り:-10
買い:6
売り:-9
マネーパートナーズ 買い:5
売り:-87
買い:1
売り:-24
買い:1
売り:-24
セントラル短資FX 買い:10
売り:-40
買い:8
売り:-12
買い:9
売り:-19
マネースクエア 買い:5
売り:-54
買い:2
売り:-14
買い:2
売り:-5
ひまわり証券 買い:-
売り:-
買い:5
売り:-30
買い:-
売り:-
JFX
(MATRIX TRADER)
買い:4.2
売り:-7.2
買い:-
売り:-
買い:8
売り:-13

スワップポイントに注目すると、オススメのFX口座はGMOクリック証券です。

GMOクリック証券では高金利通貨ペアのスワップポイントが高いだけでなくメジャー通貨のスワップポイントも比較的高くなっているので、メジャー通貨での取引を希望する方にもオススメです。

また、スワップポイントだけで出金可能であること、スプレッドが狭いのでコストを抑えた取引ができることもGMOクリック証券の特徴です。

閉じる
閉じる