FXは複数口座の運用が圧倒的に有利!知らないと損をする?

個人トレーダーの平均的な口座の所有数は3〜5個程度と言われており、複数の口座を所有することは、もはやFXの常識となっています。

しかし、今までFXの経験がない方、1つの口座しか持っていない方は、次のように感じるのではないでしょうか。

  • 複数の口座を所有することに、何の意味があるのだろう?
  • 1つの口座での運用は、何かデメリットがあるの?
  • サブ口座におすすめなFX会社を知りたい!

そこで本記事では、上記の悩みを解消できるよう、複数の口座を所有するメリット・デメリット、そしてサブ口座に最適なFX会社を紹介したいと思います。

FXにおける複数口座の運用は、自分の大切なお金を守るテクニックの1つなので、ぜひとも習得してみてください。

FX複数口座のメリット1:取引スタイルの使い分けができる

多くのFXトレーダーが、自分の取引スタイルに合わせて口座を使い分けています。

ここで意味する取引スタイルとは、「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期トレード」などがあり、それぞれどのような特徴があるか以下より解説していきます。

スキャルピングとは

スキャルピングとは、秒単位で取引を繰り返す売買手法のことです。

頻繁に取引を繰り返すことでサーバーに負担が掛かってしまうため、FX会社によっては禁止されていることもあり、仮に挑戦するのであれば、公式に認められている口座を選びましょう。

また、即座に利益確定できて資金効率が良い反面、予測が難しいというデメリットもあり、投資というよりは、投機(運要素が強いこと)になりやすいため注意が必要です。

デイトレードとは

デイトレードとは、その名の通り、1日で取引を完結させる売買手法です。

ポジションを翌日に持ち越さないため、朝方に起こりやすい急激な値動きや、週明けの「窓開け」を避けれるため、リスクの少ない王道的な取引です。

しかしその一方で、チャートを見る時間が長くなってしまったり、その日中取引を手じまいするため、時には強い意志力を持って損切しなければなりません。

それらを通してFXの基本や、醍醐味を味わえる取引スタイルになりますので、初心者の方はデイトレードから始めてみると良いでしょう。

スイングトレードとは

スイングトレードとは、2~3日から数週間かけてポジションを保有する、比較的期間の長い売買手法です。

ある程度の値動きの予測がつけば、その後はチャートを見る必要がなくなるため、日中忙しいという人でも、スイングトレードであれば取引することができます。

ただ、相場をチェックしないということは、その分不慮の事象に対応が利かなくなるため、各ポジションごとに「指値注文」「逆指値注文」を設定しておくべきでしょう。

長期トレードとは

長期トレードのとは、数カ月から年単位にかけてポジションを保有する、最も期間の長い売買手法です。

また為替レートは、長期になるほど注文当初から乖離する可能性が高く、含み益の誘惑を断ち切る意志力と、含み損に耐えきれる資金が必要になります。

頻繁に取引するのが辛い、またはスワップ目的でFXに取り組みたい人は、この長期トレードが有効となるでしょう。

FX複数口座のメリット2:リスクを分散できる

リスクとは「危険性」という意味で使われがちですが、本来の意味は「不確実性」です。

そしてFXには、予測不能な事態が数多くあり、そういったリスクを緩和するためにも、口座を分散させておく必要があります。

それでは、具体的にどういったリスクがあるのか、以下より見ていきましょう。
​​

急激な値動き

FXの相場は、時として大きな値動きを見せ、その動きに対応できなかったトレーダーは、強制ロスカットによって退場を余儀なくされます。

この時、仮に運用する口座が1つしかなければ、1回の失敗で全てを失ってしまうことになるのです。

もちろん、そうならないよう取引のスキルを高めることは重要ですが、「絶対」「確実」という概念が通用しないのが相場の世界。

全ての資金を失わないためにも、再起を図るチャンスを残すためにも、あらかじめ資金を口座ごとに分散させておくことが、トレーダーにできる最善の対策でしょう。

システムトラブル

FXのリスクは、常に相場の中から生まれるとは限りません。

FX会社の管理するシステムは、時にトラブルを生じることもあり、そうなってしまった場合、トレーダーにはお手上げ状態で打つ手なしです。

相場の状況を確認しようにも、サーバーがダウンして為替レートが表示されない…。

資金を移動させたり、新規に注文を発行しようと思っても、マイページにすらログインできない…。

こういったトラブルはどこのFX会社でも起こり得ることなので、やはり資金を1つの口座に集中させるのは危険であると言えるでしょう。

FX複数口座のメリット3:キャッシュバックを受け取れる

FXは取引だけでなく、口座開設のキャッシュバックを活用することで、賢く稼ぐことができます。

今すぐにでもできて、簡単に数万円以上稼ぐことが可能なので、ぜひ挑戦してみてください。

口座開設のキャッシュバックボーナスとは

新規の口座開設に加えて、取引量の条件をクリアすることで、キャッシュバックを受け取ることができます。

FX会社によって条件は大きく異なりますが、中には初心者&少額資金からのスタートでも達成できるところもあるため、これを活用しない手はありません。

慣れてくれば、FX口座を開くたびに1〜2万円のキャッシュバックを回収することも可能なので、副業の一環としてもおすすめです。

キャッシュバックの条件は「LINE FX」が最も簡単!

キャッシュバックの条件クリアが簡単で、優秀な口座スペックを持つFX会社を1つ紹介しましょう。

それがご存知「LINE」の手がける「LINE FX」であり、今なら口座開設と取引(1万通過)を行うだけで、5000円のキャッシュバックを受け取ることができるのです。
このように比較的にラクでありながら、それなりの金額を受け取れるFX会社は数多く存在するので、1回だけの時給5000円のアルバイトと割り切って、口座開設されてみてはいかがでしょうか。

複数のFX口座開設にはデメリットがある?

複数の口座を開設するにあたって、何かデメリットはあるのでしょうか?

実際のところ、デメリットと呼ばれるほど致命的な欠点はなく、気にしない方が多いと思われますが、強いて挙げるなら以下より紹介する2項目です。

メールや通知が多く届く

口座を開設すればするほど、その分FX会社から多くのメールや通知が届くようになります。

最新の情報を知れるので人によってはメリットに感じると思いますが、メールを圧迫したり、プッシュ通知によって作業や集中力が断たれることを考えれば、素直に喜べるものではありません。

例えばトレイダーズ証券の「みんなのFX」と「LIGHT FX」は、全く同じ内容の通知が、全く同じタイミングで送られてくるので、多くの人が煩わしく感じるのではないでしょうか。

ただ、設定によって通知OFFにできたり、またメールの配信停止措置を行うことで、これらのデメリットは簡単に解消できるので、あまり気にしすぎる必要もないかと思われます。

口座管理の手間

FX会社によって、口座のスペックや仕様は大きく異なり、その分管理する手間が増えていきます。

それぞれの口座にいくらの資金が振り分けられているか、またスプレッド・スワップ・ツール・アプリ等の違いを使いこなせるようになるには、それなりに時間が必要です。

そして住所変更に伴い基本情報を修正する際は、それぞれのFX会社に対して行う必要があるため面倒に感じ、そのまま変更するのを忘れてしまう…といったことも考えられます。

これらは、自身の行動によって対応できるものではありますが、やはり慣れないうちは大変に感じることでしょう。

複数に口座を分けていないとどうなる?

ここまで複数口座のメリット・デメリットを紹介してきましたが、それでも自分は1つの口座で十分だと考えている方、もしかしたら大きな損失を出すことになるかもしれません。

取り返しのつかないことになる前に、以下で紹介する内容を念頭に入れておきましょう。

相場は不定期で大変動を起こす

「リーマンショック」といえば、株式投資・FX・不動産に大きな影響を与えた歴史的な事件として、誰もが一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

そういった大きな相場変動は、FXにおいて不定期で繰り返し訪れており、直近10年間でも「スイスフランショック」「ブレグジット」「フラッシュクラッシュ」「コロナショック」など、多くの変動がありました。

たった20分で3800pips変動することもあったため、そういった状況下においては、資金を1つの口座に集中させておくことは大変危険な行為です。

初心者のうちからリスクヘッジに目を向けろというのは難しいかも知れませんが、少しでも生き残る可能性を上げるために、サブ口座の活用を検討してみてください。

生き残ればチャンスはある

世界的な投資家であるジム・ロジャーズは、次の言葉を残しました。

「まずは生き残れ。稼ぐのはそれからだ。」

これは今も語り継がれている格言であり、投資において「生き残る」ことの重要性を示しています。

成功するトレーダーは、稼ぐための「攻め」を重視しているのではなく、損失に対する「守り」を意識すべき、世界トップの投資家がそう言っているのであれば、疑いようもありません。

では、どうすれば厳しいFX相場を生き残ることができるのでしょうか。

取引のテクニックの面からいえば様々なものがありますが、初心者からでもすぐに取り組めることと言えば、やはり複数の口座に資金を分けておくことでしょう。

この重要さが分かればトレーダーとして大きく成長できますので、まずは試しにと思って、相場に生き残る術や、資金を守るという意識を身に付けてみて下さい。

複数口座ならではの運用とは

FXは「注文」と「決済」を繰り返す単純な運用だけでなく、複数口座を持つ人にしかできない、一風変わった運用方法が存在します。

ここでは、そんな複数口座ならではの運用を紹介していきましょう。

難しものではなく、初心者にも理解できるよう分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スワップポイントのアービトラージ

スワップ投資は、毎日コツコツと金利収入が入る一方で、為替差益で負けてしまうリスクがあります。

そのリスクをなくせる方法がアービトラージ(裁定取引)であり、一時はFXの必勝法として、流行しました。

どのような取引かと言えば、まず対象となる1つの通貨ペアを2つの口座を用いて両建します。

この時のポイントとしては、両建てすることによって、スワップポイントがプラスになる口座の組み合わせを選ぶことです。

1つ例を示しましょう、通貨ペアにUSD/JPYを選ぶとしたら次のような組み合わせです。

  • A口座:買いスワップ「+5」 & 売りスワップ「-5」
  • B口座:買いスワップ「+4」 & 売りスワップ「-4」

この時、A口座で買い注文、B口座で売り注文を入れて両建てすれば、為替リスクなしで+1のスワップポイントを受け取ることができます。

(そんなに都合よくアービトラージできる組み合えわせが見つかるの?)

このように思われるかも知れませんが、FX会社によってスワップポイントは大きく異なるため、実は無数に溢れていたりします。

FXでもっとも手堅く稼げる手法になるので、裁量トレードでうまく稼げないという人は、アービトラージを試してみてはいかがでしょうか。

ミラートレード

FX取引を上達させる、もっとも効率的な方法は、上級者から学ぶことです。

そして「学ぶ」の語源は「まねる」から言われるように、上級者の取引をそのまま真似る、いわゆるミラートレードをご存知でしょうか。

最近では、SNS上でポジションや指値状況を公開するトレーダーが増えており、その中には年間1億円以上稼ぐ凄腕のトレーダーも存在します。

FXで勝つための知識・経験・スキルが備わっていなくとも、そういった人たちと同じように取引すれば、全く同じ結果が得られるというわけです。

しかし、全てを真似したところで、自分の本当の成長には繋がりません。

そこでおすすめしたいのが、例えばミラートレード用のA口座、実力を試すためのB口座、といったふうに口座を分けて運用することです。

ミラートレードによって学んだ内容を活かすため、実力を試せるメインの口座があれば、きっと自分の成長に気づけるようになるでしょう。

自動売買システムと裁量取引の比較

従来までのFXは、自分の考えで分析・判断する「裁量トレード」が主流でした。

しかし最近では、あらかじめ組まれたアルゴリズム通りに取引を行う「システムトレード」や「FX自動売買」の活用も広がりつつあります。

おそらく初心者の方からすれば、どの取引が自分に向いているのか、いまいち見当がつかないのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、複数の口座を開設して、同時並行で取引を進めるというやり方です。

始めのうちは、自動売買の運用成績の方が勝ると思いますが、自分の「裁量トレード」が「システムトレード」の成績を上回るまで、スキルを磨き続けてみてください。

優秀な競争相手を自分で用意できるというのも、複数口座を持つ人ならではの強みなのです。

閉じる
閉じる